<< スナップ ブライダル >>

ブライダル

セピアの時間

a0236775_18554872.jpg


nikonD4s 24~70mmF2.8 f8 1/100 +2補正   ISO200
同一画像2パターン現像を合成

カメラに残す映像は明暗差に弱いものです。 手前のものを明るく写そうとすればバックの色が飛ぶし
バックを生かそうとすれば手前がつぶれてしまいがちです。  HDRの手法はそれを補いますが、どうしても絵画っぽくなってしまいます。 RAW現像の際、同じデータを色温度やホワイトバランスだけあわせてアンダー気味の現像ともう一つ明るい現像をして、両者を合成させてレイヤーマスクや消しゴムツールを使って両方のいいとこだけを合体させると目で見た風景に近いものが出来上がります。
[PR]
by nikon0128 | 2014-05-31 18:57 | ブライダル | Comments(2)
Commented at 2014-06-01 12:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nikon0128 at 2014-06-03 00:30
鍵コメさんへ
私の本業は建築家です。つまり職人です。
写真にもついつい職業意識がでてしまいますが、それはさりげなくでなければならないと思っています。この写真の場合、両サイドの柱の外側に少しだけ海の空間を入れています。空も島が出る程度に入れています。半分から下の構図がせっついているので、半分から上で余白を残すことで、作品が窮屈にならないように構図を決めています。一瞬のフルフレームで決めてはいますが、日々心がけていれば意外にすんなりと意識して写せるようになりますよ。構図も考えすぎると写真を写すのがおっくうになりますから、最初は少し広めに写してトリミングしていけば気持ちが楽になりますよ。写真は頭で写すものではないのですから・・・・・
<< スナップ ブライダル >>